書籍 のびのび剣道学校講義 風の巻

kazeb

のびのび剣道学校講義 風の巻
のびのび剣道学校実行委員会 編
在庫あとわずか

目次
はしがき
 
講義1

スポーツ心理学からみた上達のしくみ 工藤孝機
ほんとうの上達とは何か
日本式訓練法への疑問
やる気
目標の定め方
努力の仕方がわかること
課題の性質
何を目標とするか
のびのび&考えながら

講義2

すばらしい技を生み出すトレーニングとは 須佐徹太郎
『トレーニング革命』との出会い
選手達をつぶすトレーニング
筋肉を動かす三つのエネルギー系
瞬発力
決め手は酸素
ポイントは動作そのもの
ストレッチや「科学的練習」の落とし穴
力を生み出す根幹を考える
初動負荷理論
いい動作をつくる

講義3

大切なこと、それは遊びの心! 大貫映子
ドーバー海峡三三キロを泳ぐ
またそれもスポーツっていう世界
オーストラリア体験の記
パースの浜辺の朝七時
個人をとっても大切にする社会
あらゆるプレッシャーから自由である心
楽しむってなんだろう?
チャレンジ精神が根づかない日本社会
あなたらしく

講義4

剣道具に込められた職人たちの技 伊藤穀
まずは面金の話から
藁巻き
勝負は物見
プロ魂
一分刺しの是非
関東型と関西型
いせをつくる
面の形は未来も不変?
できあがり!

講義5

自分史、そして剣道学校に託するもの 大塚忠義
1.自分史
習いたての頃~東京教育大学時代
師匠との出会い
技の追求と社会の自由
新たな疑問と試合経験
四つの矛盾
2.剣道学校に期待するもの
理念・有効打突の不同一性と思想
ルールの検討と改定
同業者世界をこえる議論を


過去の記事